スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zparts補充完了、と山崎蒸留所。 2015年01月31日 RIDOL / Zparts トラックバック:0コメント:0



150131画像 001
Zpqrts TITAN : Z-100(リムカラー)

こんばんは!店長です。
またまた雪が気になる週末、さっぶいさっぶいですね。


さてココ最近とにかく、Zparts TITAN(ジーパーツ・チタン)が人気です。
気がつけばオーナーもわたしもZpartsを掛けてカブってしまう日も多々・・・
ですので完売していたモデルを中心にリピート入荷しておりますよ。

上画像のZ-100、レンズ部分の周りが別カラーになっているリムカラータイプは
通常の定番製作色ではないのでメーカー在庫もほぼ無いなかなんとか確保!

自分用にもものすごく欲しいモデルなのですがガマンガマン。。。


150131画像 010
Z-110

そして定番シリーズに新たに仲間入りをした、初入荷のZ-110。
「クラウンパント(ゥ)型」と呼ばれるカタチは
丸眼鏡より取り入れやすいという方も多いかもしれませんね。


150131画像 021

今回はより知的さも感じられるチタン無垢カラーが2色入荷しています。
掛けていて気持ちがよい、こちらのシリーズはわたしも愛用しておりおすすめです!

ほかにも再入荷がございますので店頭でぜひチェックしてみてくださいね。


line039.gif


fc2blog_201501311602234eb.jpg

やっと行けた・・・

先日、3年ぶりくらいにサントリー山崎蒸留所の工場見学に参加してまいりました。
いやー今回もよかったわー!マッサン効果かホント予約でいっぱいやったけど!
ドラマではまだウイスキーが国民に全く受け入れられず苦戦している回なので、
なんだか「よかったね、マッサンと大将」と感慨深いものがありましたね。


fc2blog_20150131160237943.jpg

こちら製造過程見学の終盤、貯蔵庫でのひとコマ。

原酒を木の樽に入れてから4年熟成したもの(右)と12年のもの(左)です。
こうやって年に2~3%くらいずつ量は減っていくものなんだそうですよー。


fc2blog_20150131160203872.jpg

そんな貯蔵庫の中心に「NO.0001 1924(年)」がありました。
日本初の国産ウイスキーがこの中に入っていたのですね!
(上記理由で、この中に当時のウイスキーはもう入っていません)

わたしたちの地元にもかなり近い山崎蒸留所の工場見学、
ご興味をお持ちの方は一度行かれてみてはいかがでしょう。

ますますウイスキーが美味しく楽しめるようになることまちがいなし。


それではまた!すてきな週末をお過ごしくださいませね。




+ MuRA SNS +

facebook-logo-002.png instagram-logo-002.png  Twitter_logo_blue.png

眼鏡屋MuRA(ムーラ)

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP
TEL/FAX (075)-392-3431
info@meganeya-mura.com


スポンサーサイト

about "RAMOT EYEWORKS" 2015年01月28日 Fascino Ribelle / RAMOT EYEWORKS トラックバック:0コメント:0



こんばんは。店長のさやかです。
ゆゆゆゆ雪がふっておる・・・今日はものすごく寒いですね・・・
明日も冷え込むそうですので防寒はしっかりと!


さてさて今回のブログでは、前回プチ予告をしました、
デビューブランドの続報をお伝えするわけなのですが

プロダクトデザイナーさんに確認したところ

いちおうまだプレデビュー的なかんじだったようなので(正式には春デビュー?)

・・・こっそりとお伝えしようと思いますハイ。でも!むしろお見逃しなく、よ!


150128画像 056

ramot-eyeworks-jpg01.jpg

RAMOT EYEWORKS(ラモート・アイワークス)。

ムーラでもおなじみ、Fascino Ribelle(ファッシノ・リベッレ)を手掛ける
デザイナー山口進也氏による新しいブランドになります。

ブランド名はファッシノ誕生の地であるイタリアでのビジネスパートナー、
エンリコ・ラモート氏のお名前からとっているんですね。
ラモート氏がいま必要としていたアイウェア、といってもいいかもしれません。


150128画像 031
"RM-001"

細身ラインでの、シンプルで美しくて機能的・高品質なアイウェア
純国産となると意外とありそうでも近年ではそんなに見かけない。
(イタリアでもアジア製のタイプは出回っているそうなのですが・・・)

「RAMOT EYEWORKSでは、ぼくのデザインの個性をなるべく消そうとした」

と、山口氏はチラッとおっしゃっていたけれど
わたし個人的にはかなり「らしさ」は出ていると思います(笑)


150128画像 051
"RM-003"

150128画像 037

でもたしかにオーバル型とかめっちゃ新鮮かもー!!

グッとシンプルに、でもきちんと美しい。とてもいさぎのよいモデルです。
ブラウン×ライトピンクやブラウン×カーキの組み合わせもすてき。

そしてなんといっても注目すべき点は抜群のフィット感。
テンプル(つる)には一部すこし凸凹になっている部分がありまして、
ココが心地よい着用感を生むポイントとなっているのです。。。
これはとにかく実際に試してみていただきたいですね。


150128画像 009
"RM-002"

002のスクエアはとくに、山口氏らしいデザインだなあと感じます。
さりげなくてかっこいいしカワイイのですよー!


プライスもよりシンプルに2万円台半ばとなっていてうれしいかぎり。
めがね初心者さんはもちろん、ヘビーユーザーさんへもとってもおすすめです。
こういう身軽なアイウェアをまた日常的に掛けたくなる。そんなコレクションかも。

RAMOT EYEWORKSの今後の展開も目が離せません。

プレデビューの現段階では、主に一部のファッシノ取扱店でご覧いただけるそうです。
気になった方はぜひぜひムーラで直接ご覧になってみてくださいね。

それではまたあした!




+ MuRA SNS +

facebook-logo-002.png instagram-logo-002.png  Twitter_logo_blue.png

眼鏡屋MuRA(ムーラ)

10:00 - 20:00 火曜定休

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-2 【MAP
TEL/FAX (075)-392-3431
info@meganeya-mura.com


 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。